Outline

本地域は、県の南西部にあって、北は九州山地をもって熊本県、南は霧島連山をもって鹿児島県と接し、大自然が生み出した多くの原生林と美しいきれいな水、四季に移り変わる樹木は南国の詩情をただよわせます。
気候は高台地のため、昼夜の温度格差が著しく、夏は暑く冬は冷え込む温暖内陸型で平均気温15.8度、年間平均降水量は、2,500mmに達します。
管内の耕地面積は6,888haで、土壌肥沃にして古くから農畜産物の宝庫として、畜産(肉用牛・酪農)を主軸に土物(里芋・こぼう等)と施設園芸(メロン・ピーマン等)から成る純農村地帯です。

JAこばやしの歩み

昭和49年 5月 小林市・高原町・野尻町・須木村の4JAが合併(区域1市2町1村)
昭和49年10月 本所事務所移転
昭和50年 3月 第1回通常総代会
昭和54年11月 第1回農業まつり開催
昭和59年 3月 現金自動支払機設置(中央支所)
昭和61年 3月 貸付金オンライン移行
昭和61年 8月 購買事業電算スタート
平成 1年 9月 共済事業オンライン開通
平成 4年 4月 愛称“JA”スタート
平成 6年 4月 プリエール小林オープン
平成 8年 4月 特別養護老人ホーム「陽光の里」開所
平成 9年 7月 名称“こばやし農業協同組合”へ変更
平成10年 7月 アグリサポートセンター新水稲育苗施設完成
平成14年 3月 農産物直売所「百笑村」オープン
平成15年 4月 庭先集荷スタート
平成15年11月 地域営農システム「きりしま農業推進機構」設立
平成16年 5月 合併30周年
平成19年 2月 13支所から7支所・6出張所へ再編
平成19年11月 メロン光センサー選果機稼働
平成22年 4月 宮崎県内に口蹄疫発生
平成24年10月 全国和牛能力共進会日本一2連覇
平成26年 5月 合併40周年

シンボルマーク

JAこばやしシンボルマーク「はい!ここで生まれ育ちました」

生駒高原で有名な「コスモス」をモチーフとし下の直線は”大地”から昇る太陽を想わせ、
・エンジ色は”連なる山々” ”人々の強い繋り” ”求心力”
・ピンク色は”人・自然のやさしさ・温かさ”
中心から外に放射状のエネルギーを、全体の円は”コスモ=宇宙・融和”を表現しています。

組合員数

                                                                                                   (平成29年1月末現在)

正組合員 (うち個人) (うち法人)
5,723 5,673 50
准組合員 (うち個人) (その他の団体)
3,565 3,479 86
合計
9,288

役員

代表理事組合長 坂下 栄次
副組合長理事 入佐 美昭
常務理事 寺師 幸則
代表監事 指宿 利也
常勤監事 假屋 昭和
合計 理事17名
監事 6名

職員

一般職員 営農指導員 生活指導員 合計
総職員数 155 33 2 190
男子職員 113 33 0 146
女子職員 42 0 2 44

組織図

組織図

ページの先頭へ戻る